2010年09月11日

リベンジへ向け

突然ですが10月15日から沖縄へ出張することになりました。百鬼です。ガンバルゾー(棒読み)。

とゆーアレで。

昨日のゼノブレイド。

ひとまず廃墟を徘徊しながら情報記録センターへ向かいます。

…と思ったら、都市管理を行っている機械端末が生きており、依頼を受けることが出来ました。

ターミナル

クエ祭りじゃああああ! とりあえず請けられるクエは全部受注。早速消化しようとしたら、先に情報記録センターへ行け! と怒られたので先へ進みます。

情報記録センター

情報記録センターで、太古の時代に何が起きたのかを知るシュルク一行。フィオルンの中に宿された機神界の始祖・メイナスは語ります。

フィオルン=メイナス

当初、機神界人と巨神界の人類達(ホムスの始祖である巨人族とハイエンター)はお互いに交流し、友好的な関係を結んでいたようです。

侵攻ってレベルじゃねーぞ

ところが、突然にモナドを手にした巨人族・ザンザが巨神を動かし機神界に対し攻撃を仕掛け、伝説に残る巨神と機神の戦いへと発展していったのでした。

まさかこっちが先に手を出していたとは…。衝撃を受ける面々。しかしダンバンはブレません。

ダンバン

確かに。しかしシュルクは自分が今手にしているモナドが全ての悲劇を引き起こした事に同様を隠せません。

ヴァネア

シュルクならば過去の悲劇とは違う未来を描けるはず。とヴァネアは告げます。それに応えるシュルク。

シュルク

飽くまで話し合いを求める。でも説得出来なかった場合は…。とするシュルクの覚悟と答えに納得したヴァネアは、自身も兄である機神界盟主・エギルを再度説得するため一足先にメイナス神殿へと向かいました。

シュルク一行も後を追いメイナス神殿へ向かいます。

もうこの辺に来ると雑魚も普通に強い。

九七式・CYCLE

駆逐式・EMBER

そして討伐依頼も出ているユニークモンスター狩り。

流浪のアロケル

逆鱗のオロバス

瞑想のウァプラ

修羅のボールス

この辺になると敵の攻撃に対するこちらの回避もあまり発生せずガチの殴り合いになってきます。そして問題のコイツ。

聡明のグレモリ2

橋の上から広場へ誘導しようとしたところ、全滅を食らう。頑張ればイケそうな気もするけどもうちょっとレベル上げしてからリベンジしようと思います。

という訳で今日はレベル上げのみ! 進むのはまた明日!

psobb_drecom at 01:49コメント(0)トラックバック(0) 
ゼノブレイド 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索